スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.07.02 Thursday
  • -
  • -
  • -

川太郎


花園神社参道脇にある川太郎へ。
ラジオ深夜便を聴きながらそば焼酎をチビリ。
たまには静かに呑むのもいいもんです。


吉田類の酒場放浪記DVD参&四発売!


良く言えば酒場詩人、普通に言えば飲んだくれのロクデナシならば
みなさんご存じであろう吉田類の酒場放浪記。
BS-TBSで放映しておりますが、このたびその番組DVDの
第三弾と第四弾が発売されるそうです。
ちなみに写真は第一弾と第二弾。


や、この手のニッチ系番組は、好き者が支えないと
いかんと思う訳ですよ。

だってね、番組の時間帯も19時からだったと思えば23時からになったり、
毎日15分やってるかと思えば毎週土曜で1時間番組になったり、かと
思えば今度は毎週月曜になったりとちょくちょく変わるし、
番組ディレクターが取材拒否の店を口説く時に
「BSだから誰も見ていません!大丈夫!」
という視聴者からしてもオイオイ視聴率は大丈夫なのかと
心配したくなるようなタモリ倶楽部以上にガチで流浪の番組なのです。

でもね、この番組本当に面白いのですよ〜。
イラストレーター(!)でもあり俳人でもある吉田類さん
東京を主とした各地の酒場を紹介してくれるんだけど、
同じジャンルの太田和彦さんの全国居酒屋紀行のように開店前の
お店を借り切って、店主とサシで落ち着いた語り口で歓談しつつ
日本酒を嗜み肴を楽しむ・・・というのではなく、
ビールだホッピーだハイボールだをがんがん呑んで
ホルモンだレバカツだ煮込みだをワシワシ喰らって
周りの客と一緒に乾杯〜!などと言いつつその客の食べ物を強奪して
ガチで酔っぱらってフラフラしながら最後は得意の俳句を詠む
という、酒飲みとしては最強に耳が痛くなりつつも愛すべき番組なのです。

また、我が鬼の哭く街・北区赤羽には
まるます家・大久保(ここは閉店してしまいました・・・涙)・米山
まるよし・川栄・いこい・まこと
の計七回!(番組最多)も収録で来ている事もあり、
勝手に親近感も湧く訳です。


という事で、酒を飲みながら酔っぱらいを見て楽しめるという
不思議な番組なので、ぜひ皆様もどうぞ〜。


よしもとアール・アンド・シー
¥ 2,770
(2009-11-25)


フォーエバー・・・さといもの唐揚げ・・・

鬼の哭く街・赤羽に数多あるダメ人間 放浪詩人御用達の酒場の中でも
不動の地位を築いているHOUSE of MARUMASU、所謂まるます家
無数にあるメニューのうち、私的にフェイバリットメニューであった
里芋の唐揚げが誠に残念ながらこのたびレギュラーメニューから
姿を消す事になった模様・・・

まるます経験組の方ならおわかりかと思いますが、向かって左カウンターの
管理担当である歌うお姉さんに注文した所、
「あれはもうないの〜メニューから〜な〜くなっちゃった〜♪」という
さといも鎮魂歌を聴かされました・・・


しかしあれホント美味かったのになんでなくなっちゃったのかなぁ。


| 1/1PAGES |

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ヨシムのひと言

積みゲーがどんどん増えていくよ・・・(;´Д`)

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM